31~40品目


〈王様のアップルパイ〉食品(10)/32/13/0/甘/リンゴ系。
最上級のリンゴのフィリングを自家製バター入りのパイ生地で覆い、卵黄を塗って焼いたアップルパイ。

レシピ:{{王様リンゴ+砂糖+レモン}+{ウシのミルク+小麦粉}+ニワトリの卵}

「【お花見イベント用】母さんがよく作ってくれたレシピを再現したパイなんだ。お花見に合うかわからないけど、たぶん美味しくできてると思う!よろしくな!」
No. 164 / クローヴィスより

クリビット
「なんと王様リンゴ使用!!さすが体力高いだけあるなあ…
こちらはクローヴィスさんのお菓子だよ」

ルシオラ
「クローヴィスさんのお母様かなり料理上手と見ましたよ!レシピに手順が伺えますもの。
お味も高級なお店で売っていてもおかしくはないレベルで
でも間違いなく家庭の味のやさしさがある…そんなとてもバランスのいい丁寧なお味です!
文句なく美味しい!」

フリージア
『手間暇 かかっている それだけ 美味しい』

ソージュ
「お先にひとつ戴いたんですけど、とっても甘くて美味しかったですよー」

フー
「高級すぎんだろ…こう、自分へのご褒美?ぐらいでしか買えねえ…」

クリビット
「しかも王様リンゴってすごい…低体力のひとじゃなかなか手が出せないよね」

花の魔女ZI
「アタシの好きな食材が入っているわ。珍しい食材が入っているわね。好きな味ね。
とっても美味しいわね(15.5口食べた)」

ルシオラ
「とっても美味しかったんですねえ…よかった」(にこにこ)

フー
「…逆に他人からこれ奢られたらもうヒャッハーして食べるよ俺は」

ルシオラ
「確かに…そのくらいすごいパイでしたね!」


 


〈一口串カツ〉食品(6)/31/12/0/無/ブタの肉系。
柔らか豚ヒレ肉で作った串カツ。

レシピ:{ブタの肉+塩+黒胡椒+ニワトリの卵+小麦粉}

「お花見パーティーにだす料理だよ~。ラピ知ってるよ~。人ってお肉が好きだよね~。」
No. 159 / ラピより

クリビット
「一口サイズって食べやすくていいよね!
こちらはラピさんのお料理だよ!」

ルシオラ
「はーい!私お肉大好きです!この一口串カツもとっても美味しい!
特にヒレカツは脂身が少なくて柔らかくて女の子にも食べやすいと思います♪」

花の魔女ZI
「アタシの好きな食材が入っているわね。」

フー
「気軽に食えるから俺は好きだな。」

クリビット
「味付けも塩コショウでシンプルだから、ほかの料理とも合わせやすくていいね!
もちろん単体でもいっぱい食べられちゃいそうだけど」

フリージア
『思ったより 薄味? でも悪くない』

花の魔女ZI:PL
(料理とは関係ないけどメッセージが人肉に見えてしまった)

花の魔女ZI
(4口食べた)

ルシオラ
「これは争奪戦必死!揚げ物は人気ですからねえ…
ほんとひとってお肉大好きですよね!」


 


〈闇鍋サカナスープ〉食品(11)/43/12/0/風/川サカナの肉系。
様々なモンスターから集めた素材を鍋にして、ぐつぐつ液状になるまで煮込んだ魚スープ!これで宴会気分だ!

レシピ:{始源サカナの肉+赤ガニの肉+大ダコの触手+電撃クラゲの肉}

「イベント用の宴会料理ができたので提出するよ!ただの花見だけでなく刺激が欲しい人向けかも」
No. 46 / ゼノンより

クリビット@料理大会司会 — 昨日 21:15
「こ…これは…材料が豪華すぎる!!
ほとんどアクシ遭遇品じゃ…?ゼノンさんのお料理だよ!」

花の魔女ZI
「珍しい食材が入っているわね。」

ルシオラ
「大タコの触手とか電撃クラゲの肉とか…見たことないのがいっぱい!
かなーりレアな食材ばかりで食べるのドキドキです!」

フリージア
『これは すごい』

クリビット
「スープの出汁も半端なく美味しいね。これもう二度と味わえなさそう…」
(この材料に再び出会うことはあるのだろうか…?)

フー
「待て待て待て待てこれ素材かなり凄いじゃねえか!?こんなん恐れ多いぞ!?」

花の魔女ZI
「いい経験ね」(にこにこしている)
(9口食べた)

ぷえ
「ぱわ!?!?!、?!、?!?」

フリージア
『鍋 大人数 向いている 珍品 無駄なし 良い選択』

ぷえ
(みたことないものがたくさんのってて なんか わかやない すごいことがわかる すごいので せなかの毛がもこもこになった)

フー
「そんでもってこれ具材が喧嘩してねえとかとんでもねえ逸品じゃ…」

フリージア
(皿に移して少し冷ましてからぷえちゃんの前に置く)

ソージュ
「食感も色々で食べてて楽しいですねー」

ルシオラ
「すごくつよーい出汁(と書いてパワーと読む)を感じます!
一口で香りと味がぶあっと広がります…美味しい!
やはり出汁は相乗効果で美味しくなるというのは本当なんですね!」

ぷえ
「ぷわお……」(ぽかぽか あたたか〜)


 


〈薫る黄金色のだし巻き卵〉食品(8)/24/9/2/無/古木キノコ系。
干しキノコの出汁が鼻孔をくすぐるだし巻き卵。噛めばじゅわっと出汁があふれる

レシピ:{{{大樹キノコ+照らす火}+源流水}+幻鳥の卵}

「料理大会の提出です。カツオっぽいものを採ってこれなかったので、どんこで。重箱いっぱいのだし巻き卵食べたい」
No. 20 / ソージュ・S・レゲリゥより

クリビット
「出汁巻き卵!うわー!いい香りがする!
こちらはソージュさんのお料理だよ」

花の魔女ZI
「珍しい食材が入っているわね。癒しを感じるわ。」

ぷえ
「……!ぷえ」(これは もしかして ぷえいろ)

ルシオラ
「出汁巻き卵、魚の出汁も捨てがたいですけどどんこも絶対おいしいです!
あー!!一口かじっただけでじゅわって!良い出汁出てる!」
(どんことは傘の開ききっていない状態で収穫され干されたしいたけのこと。肉厚でまるい)

フリージア
『美味しそう』(ぷえちゃんに切り分けてあげる)

花の魔女ZI
「だし……だし……?」(出汁が分かっていない模様)

クリビット
「あと幻鳥の卵って超レアだよね!?いい水も使っているみたいだし
さすが採取屋さんなだけあるよね!」

ぷえ
「あふあふ……はぷぷ……はは……はふっ……」(むちゅうでたべる だしたまご)

フー
「あー…これめっちゃ…めっちゃやべえ…気軽に喰っていいもんじゃないはずなのに…」 都会虎は蕩けた。

花の魔女ZI
(9口食べた)

フリージア
『卵の風味 とてもよい 出汁も効いて 素晴らしい』

ルシオラ
「たしかにこのレベルなら重箱いっぱいに食べたいです。
うふふ、重箱いっぱいの出汁巻きとか嬉しくなっちゃいますね!」


 


〈春色スコーン〉食品(5)/31/11/0/甘/小麦粉系。
菫の砂糖漬け、胡桃と林檎を混ぜ込んだスコーン。ザクザクの食感も楽しいはず。

レシピ:{小麦粉+姫クルミの実+綺羅星スミレ+黒糖+完熟リンゴ+怪鳥の卵}

「宴会用の持ち寄り料理…というかお菓子でーす!」
No. 9 / ジークリト・バルシュミーデより

クリビット
「良い色に焼けてるね!わー!スミレが入ってるスコーンだ!
こちらはジークリトさんのお菓子だよ!」

ルシオラ
「ざっくざくのスコーンですね!リンゴとクルミの食感もスコーンにぴったりです!
ポイントはスミレの砂糖漬けでしょうか、とても春らしさを感じます!」

花の魔女ZI
「アタシの好きな食材が入っているわ。珍しい食材が入っているわね。
好きな味ね。」

ぷえ
「ぷわわわわ……」(高体力勢のすごいやつがなだれのように……!)

花の魔女ZI:PL
(スコーン好きスコーン好きスコーン好きスコーン好き(落ち着け中の人

ソージュ
「これは紅茶が欲しくなりますねー。用意ができないのが残念ですー」

クリビット
「姫クルミの歯ごたえと、完熟リンゴの甘さが絶妙だよね!
かじった時ほのかに香るのはスミレの香りかな?ふわっと鼻を抜けるね」

フリージア
『味もいいけど 食感が楽しい』

ルシオラ:PL
(これは実際に作ってみたい…)

ぷえ
「ぷむ ぷむ」(おさんぽのきもちになる すき!)

花の魔女ZI
「なんだか親しみを感じるわ
食べ過ぎちゃうわね」(17口食べた)

フー
「あー、これはつい食べすぎちまう…」

ぷえ
「ぷまんなむ」(あのひとめっちゃ食っとる)

ルシオラ
「春を実際に感じさせてくれる料理ってすごいですね!
香りと味と歯ざわり!すべてにおいて美味しいスコーンでした!」


 


〈牛乳寒天〉食品(6)/40/13/3/甘/ミルク系。
牛のミルクを藻類由来の粘液質で固めたお菓子。各種フルーツ入り。

レシピ:{ウシのミルク+群青の水草+{オレンジ+赤ブドウ+ナシ+リンゴ+猛き火}+{サクランボ+モモ+熟野イチゴ}+砂糖}

「【料理大会エントリー品】先刻の品は色合いで敬遠する方も居る、と聞いたので、こんなものも用意してみましたっ!」
No. 7 / イドファーネルより

クリビット
「ものすごく豪華な牛乳寒天!こんなに果物入ってるの初めて見た!
こちらはイドファーネルさんのお菓子だよ!」

フリージア
『フルーツたくさん 食べ応えがある』

ルシオラ
「はっ…このレシピ、固まるのを阻害する成分が入った果物を先に火を通してる…!!
こだわってますね!そのこだわりが最大限に生かされてフルーティで美味しいです!」

ソージュ
「おお、豪華…」

ぷえ
「ぷおー……ぷわお!」(どこからみてもいろがある)(周囲を回ってたのしんでいる……いぬ!)

花の魔女ZI
「アタシのとっても好きな食材が入っているわ。好きな味ね。
癒しを感じるわ。」

クリビット
「ボクの知ってる牛乳寒天はオレンジを固めたやつだけど、これは初めて食べる味だよ!
いろんな味が楽しめるって幸せだね!どこをスプーンですくっても新しい味!」

花の魔女ZI
「綺麗でいいわね」(6.5口食べた)

ルシオラ
「それにしても群青の水草(寒天)っていろんなお菓子ができるんですね!
今回でとっても勉強になりました!私もつくってみたいなあ…」

フー
「なるほど…こういうのも…」


 


〈クソデカ黒タマゴプリン〉食品(7)/44/11/0/無/トリの卵系。
パーティサイズ。複数人で食べる事前提。

レシピ:{黒ニワトリの卵+黒ニワトリの卵+黒ニワトリの卵+黒ニワトリの卵+黒ニワトリの卵+黒ニワトリの卵+黒ニワトリの卵+黒ニワトリの卵+黒ニワトリの卵+黒ニワトリの卵+黒ニワトリの卵}

「【春の息吹と宴会料理】フー・フードカートより、花見シーズンに向けての1品ものメニューの提供だ。パーティサイズだぞ。」
No. 16 / フーより

クリビット
「ものすごくでっかいねえ…一体何人分あるんだろ?
こちらはフーさんのお菓子だよ!」

花の魔女ZI
「大きいわね……!!!」

ルシオラ
「えーとひーふーみー…
黒ニワトリの卵11個分だから…おそらく11人前くらいはあるかも?」

フリージア
『今 取り分ける』(協力体制)

クリビット
「11人前…そりゃボクより大きなはずだよ!
でもすごいなあ…この大きさのプリンって迫力あるよね!」

ソージュ
「よく自壊しませんねこれ…さすが錬金術師ー…」

ぷえ
「ぱわあ……」(みあげる おいぬ)

フリージア
(取り分けて配る)

フー
(どやぁ)

花の魔女ZI
(5口食べた)

ぷえ
「はぷ……はぷはぷ……」(おいしおいし…… たくさんたべてもなくならないからしあわせとゆこと……)

フリージア
『卵の甘みが 感じられる』

ルシオラ
(もぐもぐ)
「味はお店を出されてるだけあって、とても安定した良いお味です!
タマゴ多めだからちょっと固めですけどこんな感じのプリンが今はやりなので、
これからスピカでもかなり流行しそうですね!私はとても好きです!」

ぷえ
「ぷむ!」(かふぇで……でるやつ!)


 


〈ロシアンおはぎ〉食品(4)/32/12/0/甘/米系。
雛豆餡のおはぎ。稀に激辛。その辛さは『ウニの棘が刺さったよう』だそう。ウニは入ってない。  嘘だッ!

レシピ:{長米+{雛豆+砂糖}+{黒胡椒+ウニの棘+黒胡椒}}

「おりょーりつくったよー! みんなでたべてもりあがるやつ! たべてもだいじょーぶにしたんだけど『ギシンアンキ』になるとトゲがささったっておもうって なんでだろー?」
No. 5 / Evelinより

クリビット
「こちらはEvelinさんのお菓子だよ!
どれかがからーいおはぎなんだって!」

フリージア
『パーティー料理』

ぷえ
「ぷむむ……」(かしかし……後ろ足で首あたりを掻いた。)

ルシオラ
「ど…どれでしょうか!?見た目では全くわかりません!ではさっそく1つ…
(もぐもぐ)
…これはあまーいおはぎでした!こちらのお味は甘くて滑らかでおいしいですね!」

花の魔女ZI
「好きな味ね。でもなんだか臭いわね。」

クリビット
「雛豆の餡ってけっこうさっぱりしてて美味しいよね!
普通のあんことはまた違った味だなあ…」(もぐもぐ)

フー
「なるほど激辛………アババババーーーッ!?」

ぷえ
「……ぷむ」(おいぬはずるいので匂いでわかるのだ。おれのはこれ〜)

フー
「そうか…理解した…これは牙を抜こうとする陰謀の1つだな…?」

フリージア
『香りで 検討は つく ただ…』

花の魔女ZI
「辛いのは食べたくないわね……」(4.5口食べた)

ルシオラ
「それにしても『ギシンアンキ』とは…?
まだもうひとつあるみたいですからそっちで当たることが出来るでしょうか!」

フリージア
『かなり 誤魔化しに 技術 使っている 気がする』(スンスン)


 


〈ロシアンおはぎ(2)〉食品(4)/32/12/0/甘/米系。
雛豆餡のおはぎ。稀に激辛。その辛さは『ウニの棘が刺さったよう』だそう。ウニは入ってない。  嘘だッ!

レシピ:{長米+{雛豆+砂糖}+{黒胡椒+ウニの棘+黒胡椒}}

「にかいぶんよーいしたら どっちもできちゃった! いっぱいいても みーんなたべられるね! やったあ」
No. 5 / Evelinより

クリビット
「作ったらもう一個できたんだって!
お花見パーティだから量が多いのはいいよね!
続けてEvelinさんのお菓子だよ!」

ルシオラ
「今度こそ当てて見せますね!………これだっ!!」
(ひとつ取り出しかじりつく)(ぐさっ)「むぐっ!?」

「あ、あたりです!!私あたりましたよ!!…辛い!!」(急いで水を飲む)

クリビット
(ロシアンルーレットって当たっちゃダメなんじゃなかったっけ…?)

フリージア
『勇気ある』

花の魔女ZI:PL
(ちなみにアイコンはこんな感じです)
https://image01.seesaawiki.jp/d/n/das_veilchen/d23220225f5dc644c32e.gif
(長く見ていると……?)

ぷえ
ぷま?ぷまむ……むむ…… (ひとたちが……きえてゆく……)

花の魔女ZI
「あらもう1個?
こっちは……ン”ッ!」(悶絶している)

ルシオラ
「ふう、辛い…でも意外と黒コショウのスパイシーさが癖になりますね!
スパイシーなおはぎも案外いけるかも…?」

ぷえ
「ぷむ」(そいえば こめ めずらしだねえ えらいやつ?えらい……)

花の魔女ZI
(一応4.5口食べた)

ルシオラ
(花の魔女さんにいそいでお水を渡す)

花の魔女ZI
(涙目で水を飲んでいる)

フリージア
『レシャの 長米 可能性 無限大』

フー
「二度目あるとかこわ…」

花の魔女ZI:PL
(ウニは入ってないよ)


 


〈バケツdeプリン〉食品(3)/21/11/1/甘/トリの卵系。
2種類の卵を使った特注サイズのプリン、食べきるのは大変だが味は保証付き。

レシピ:{ニワトリの卵+黒ニワトリの卵+{ウシのミルク+砂糖+小型錬金鍋}}

「小型鍋を使った伝統料理(?)も1つは作らないとね!」
No. 3 / カシューム・ブラウザーより

ぷえ
「……ぷ、ぷも……」(鍋が……)

クリビット
「ついに来た!!小型錬金鍋を使ったプリン!!
カシュームさんのお菓子だよ!」

花の魔女ZI
「好きな味ね。でもアタシには硬いわね。
伝統……?」

ぷえ
「ぷももも……」(プリンのぷーるに……!)

ルシオラ
「さっきの大きなプリンもすごかったですけどこちらのプリンも大きいですね!
こちらは取り出さないで鍋ごとテーブルの上に出すタイプですね」
(大きなスプーンで取り分けて渡している)

クリビット
「小型といえど錬金鍋だから…大きい!それにしても2種類の卵を使ってるんだね!」

フリージア
『こちらは ミルクと 砂糖入り』

フー
「対抗馬が来た…!」

ぷえ
「ぷわ〜お!」(こっちはふるふるぷりん!なべにはいってるりゆうということ……)

花の魔女ZI:PL
(ぱがね世界では錬金鍋を料理に使うのが伝統だった(という歴史改竄をしていくぜ(やめなさい

ルシオラ:PL
(前回の大会でもあったなあ…)

花の魔女ZI
(1.5口食べた)

ルシオラ
「この食感はその2つの卵とミルクで調整しているんでしょうか
柔すぎず非常に絶妙な滑らかさです!
こっちの滑らかなプリンもいいですねえ…!」

お花見会場のバックヤード